h1テキスト

所長ごあいさつ

所長ごあいさつ

不況の長期化が進み、さらなる情報化の進展など、めまぐるしい環境変化の中で、勝ち残り成長し続ける企業となるためには、何が必要でしょう。 それは、常に幅広い視野に立ち、経営者と一体となって戦略立案できる専門家をパートナーとして得る事だと考えます。
私どもをご活用下さい。 私どもは皆様のパートナーとして、企業繁栄の為に持てる能力のすべてをご提供させていただきます。

眞下武久税理士事務所
有限会社 真下会計事務所
所長・税理士 眞下 武久

所長写真

理 念 : 当事務所では創業以来「会計は毎月やることに意味がある」をモットーにお客様へ会計サービスを提供しております。しかし、現在のところ日本の会計システムが税務申告と連動しているため、会計の考え方は税務申告のために行っているという方が多いのが事実です。 そこで当社では、税務申告中心の会計だけではなく、会社にとって本当に必要なサービスを提供するため、「会計サービスから経営サービスへ」を合言葉にお客様の企業が未来も存続し、取引先から信頼され、そこに関わる皆様が笑顔でいられる企業経営を提案しております。

特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針についてはこちらをご覧ください。


5つの力(Five Power)

5つの力

1:組織力

社内は問題解決やお客様へ迅速に対応できるように、すべてユニット(小グループ)制です。小さなグループが終結して組織力ある会社にしております。一人では経験も一人分ですが、人数が集まれば数多くの知恵と行動力が集まります。頭脳をもった有機的な組織集団を育成しております。

2:提案力

「提案」こそ命!と捉え、お客様の会社がベストの状態でいるためには、どうあるべきかを考えご提案をさせて頂いております。ベテランスタッフから若手スタッフまで「お客様のために」組織だって提案を考える力が、我々の提案力であり当事務所のキーワードです。

3:研修力

お客様が会社経営で不安にならないよう時代に則した社内研修会を月1回程度開催しております。このような研修会が25年以上継続しているのはスタッフの継続的な研究と研修力の成果であると思います。

4:指導力

会計は会社の状況を把握するために最も重要なツールであり、経理処理や財務データの読み方、これから先の見通しの立て方などをご指導させて頂いており、お客様のことは現場で対応するというのが、当事務所のモットーであり、これが現場での指導力です。

5:貢献力

「企業は自ら社会貢献できる事業体である。」を信念に、所長の眞下は、行政に関わるボランティアから、地域のイベント、商工会議所等の役職まで、1年365日のうちの大半をボランティア活動に注いでいます。その姿を見て育ったスタッフも自らボランティア活動に参加したり、地域に 根差した活動にも積極的に参加をしております。また、「経営計画書」に明記されたルールを違反した場合は ペナルティーを徴収し、その半分はスタッフ全体の親睦費、半分は世の中のために!とユニセフ に寄付することが当事務所の貢献力です。

サービス一覧

経営革新等支援機関

  • 真下会計事務所 on facebook | 世界に5億人以上のユーザーを持つソーシャルサイトfacebookに公式ページがOPENしました。
  • 真下会計事務所 facebookを見る
  • 真下経友会 facebookを見る
  • あんしん相続相談室 facebookを見る

おもてなし規格認証